スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【途中~】あずきカイロ

昨年にも作ったあずきのカイロ。
肩こりもちのおねぇさんにプレゼントできたらなぁ・・・と思い作成。

色々と考えて、肩にかけられるぐらいの長さとあずきの量にしました。
たてが12cm横が晒しのみみ~みみで34cm。
それを二つ組み合わせると12cmx68cm(あずきいれるとここから少しちぢむのですが)
ちょうど肩の前まで来ていい感じかなぁと。


作りかけ・・・雪だるまは大きさ比較(苦笑)
CIMG7321.jpg


まだ完成ではなくて、中のあずき入れた本体は完成したのですが、カバーで煮詰まってます。
とりあえず、生地はここ最近よく書いてますが、はんど&はあとのひざ掛けキット(?)のフリースが可愛かったのでそれを流用することに。
長ーい袋状になるよう裁断までしてあるものの、さてどうしようか・・・(裁断してあるのに!?)
とりあえず・・・本体のあずき・・・重い(^^;
ひと袋に400gぐらい入ってます。二つ使ったら800g!?肩に乗せるのは酷かしら?
ただこれ分割したのには一応理由があって、ギリギリアイマスクに使ってもなんとか使える重さです!(私的にはですが・・・)
それと、二つを並列にしてタオルを巻いて、腰とかお腹とか痛い時に腰に乗せると、すんごくいいです!
今回のこれは一応プレゼント用ですが、一度レンジの等利用に問題がないかの確認も兼ねて一度温めて、汚さないようにタオルを巻いて試用。
大丈夫そうです。

カバーを完成させねば(`・ω・´)

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

え??アズキのカイロ???
レンジで暖めて使うの?
うわーーーーーー!!!!
初めて知りました。知らないのは私だけ?!
凄いです!今、PCの前で思わず声を上げちゃった。
腰やお腹が痛いときに・・・これ良さそうー♪
たまちゃんが考案したのー?だとしたら特許がとれる♪♪

>mokoさんへ

特許取れたらいいのにねぇ~といいたいところですが、「あずき カイロ」で検索するとたくさんヒットしますよー^^。
私もどこかでみて、これいい!と思い、色んなサイトを参考にさせていただき、作ってみたのでした。
レンジでチンする時間を注意しないと事故になることもあるらしいので、連続3分以上はチンしないことと、一回チンしたら次は半日開けてから使うようにしてます。
このあたりは自己責任になってしまうので、販売にだす予定はないのですが・・・(^^;
もし興味があるようなら調べてみてくださいー

ご無沙汰です

あずきカイロ、随分大物ですね~。
肩コリや腰痛に暖かさと重さがよさそうですね。

私も一昨年作って、重宝してます♪
夏でも生理の時には使ってるんです。
地道に人気があるのか、ブログにアップしてから、検索もいまだに「あずきカイロ」がたくさんありますよ。
玄米カイロもオススメです☆

>なおみさんへ

こちらこそご無沙汰してますー^^
肩に、と思ったら大物になってしまいました(^^;
座って使うには肩にはちょっと重いかもしれませんが、寝転がって肩や腰には重さもちょうどいい感じです。
やっぱり女性には年中必要ですよね~。
自分で手軽に作れるから静かに人気なんですね>検索。
玄米カイロも気になるかも、調べてみます~♪

細かい!

中の小豆袋がちゃんと小分けしてあるのが凄い!
肩タイプのゆたぽん?買って貰ったけど、重いから全然問題無いんじゃないかなぁ。1k位ありそうなんだよ。
これはU字型だけど、たまちゃん凄いよね~。
毎回作りが細かいもん!
見習わないと。

>猫ちゃんへ

小分けは参考にさせていただいたサイトさんがやってたので、私の功績ではないのですよー(^^;
私はこれとは違うアイマスクを使ってるけど、実際ある程度小分けされてないと片寄って使いにくいんだよね。
なので、参考先を元に自分の肩の大きさとか紐乗せて長さみたりしてみて、肩以外にも流用できるようにと考えてみたんだけど・・・なかなか難しいねぇ。
市販のも1k近くあるの?だったら大丈夫かな?
プロフィール

たま

Author:たま
*たま*でございます。
平成15年の早生まれのちびすけ小僧と主人の3人家族。
息子が生まれてからハンドメイドに目覚めて少しでも興味をもったら突き進んで現在に至ります。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせは下のメールフォームからどぞ

たまのつぶやき
たまのつぶやきツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新をメールでお知らせ


提供:PINGOO!
RSSリンク
QRコード
QRコード
*****
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。